当店では、お客様の個人情報を安全に取り扱っておりますので、 安心してお買い物をお楽しみ頂けます。
 eco maru(エコまる)通販サイトは、仙台・宮城・東北の環境コンサルタント『株式會社JAPAN丸丙』(宮城県仙台市)が運営を行っております。
 私たちは、地球環境に優しく、人にも安心安全な天然鉱石「ゼオライト」に着目し、国産の天然ゼオライト商品を主として、人と地球環境に優しいエコ商品を通販で取り扱っています。

熱中症対策・簡単でわかりやすい熱中症対策



 熱中症とは何か、熱中症になる原因、熱中症の主な症状、熱中症にならないための予防と対策などについて、わかりやすくご紹介します。

熱中症とは

熱中症とは

 熱中症(ねっちゅうしょう)とは、簡単にわかりやすいようにいうと日射病や熱射病などの総称で、体の中、体の外の「熱」によって引き起こされる様々な体の不調のことです。

熱中症の原因

 高温多湿な環境で、体内の水分量や塩分量のバランスが崩れたり、体温を調整する機能がうまく働かないことが熱中症の原因です。

熱中症の主な症状

熱中症の症状には以下のようなものがあります。軽度な症状から重度な症状まで様々です。

人気提案★ノースフェイス★WAVELENGTH PACK バッグパックグレー★ ブラシ ガンチニパターン男性長財布66-9412_DEEP NERO

手足のしびれ,めまい,立ちくらみ,筋肉のこむら返り,気分が悪い,ボーっとする

中等症

頭痛,吐き気,嘔吐,体がだるい,力が入らない

重症

意識障害,けいれん,体が熱い,真っ直ぐ歩けない・走れない,呼びかけへの反応がおかしい

熱中症の処置・対策

軽症の場合

 風通しの良い日陰や涼しい所で体を冷やして休み、水分・塩分を補給しましょう。誰かがついて見守り、良くならなければ病院へ行きましょう。

中等症の場合

 軽症の処置・対策に加え、衣服をゆるめ、体を積極的に冷しましょう。自分で水分・塩分を摂れない時はすぐに病院へ搬送しましょう。

重症の場合

 すぐに病院へ搬送しましょう。

熱を下げるために効果的な冷やす場所とは



 体表近くに太い静脈がある場所を冷やすのが最も効果的です。皮膚を通して静脈血を冷やし、結果として体内を冷やすことができます。

 わかりやすくいうと「首」「わきの下」「太ももの付け根」です。

 この場所に、保冷剤や冷えたペットボトル・缶を、タオルでくるんで当てて、集中的に冷やしましょう。

熱中症を引き起こす要因

 熱中症は大きく分けて「環境」「体」「行動」の3つの要因によって引き起こされる可能性があります

●SATURDAYS SURF● DITCH MILLER STANDARD フーディ /2色 即発,送関税込*adidas Originals*ロングラインフーディー/2色,☆STUSSYプルオーバーウインドブレーカー/ピンク☆送料関税込,★PUMA★レトロハーフジップパーカー【送料・関税込】,*日本未入荷*ASOS おしゃれパーカー◇送料無料

Vans TNT SG スニーカー,ADIDAS SUPERSTAR 80S BY AQ5351/149,VALENTINO 'Star' Low Top White Camoustars Slip-On Sneaker,新作 2017春夏 ヴィトン スニーカー MONTANTE RIVOLI

BUYMA初”NEWモデル!・AtlanticSTARS・長友選手愛用スニーカー,【送料無料】 NIKE AIR FORCE 1 '07 - UNIVERSITY RED/WHITE,☆新作☆NIKE AIR FORCE 1 LV08【関税込】

限定品☆NIKE×Givency R.Tコラボ♪ NIKE DUNK LUX 3色展開☆,☆adidas(アディダス)☆ SUPERSTAR 80s PK-S75843

日本未入荷 UNIF*薔薇モチーフ "Missing Sweater"*送料込

 汗や皮膚温度で体温が調整できず、体温調整機能のバランスが崩れ、体温が上昇し、体に熱が溜まってしまうと熱中症になります。



熱中症になりやすい環境

気温が高い,湿度が高い,風が弱い,日差しが強い,照り返しが強い,輻射熱(高温の炉や壁などからの放射による熱)が強い,閉め切った屋内,エアコンのない部屋,急に暑くなった

熱中症になりやすい体の方

高齢者,乳幼児,肥満の方,持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)のある方,低栄養状態,脱水状態(下痢・インフルエンザなど)の方,体調不良(二日酔い・寝不足など)の方,過度の衣服を着ている方,普段運動をしない方,暑さに不慣れの方

熱中症になりやすい行動

激しい筋肉運動,慣れない運動,長時間の屋外作業,水分補給できない状況

熱中症の予防

 熱中症は予防が大切です。熱中症を予防するにはどうしたら良いのかを知って、自分でできる熱中症の予防、対策を心がけましょう。

行動・衣服の熱中症予防ポイント

  • 外出の際は日傘や帽子で日よけ対策をする。
  • 無理をせず、適度に休憩をとる。。
  • 暑い日は決して無理しない。
  • 体をしめつけない涼しい服装で、襟元はなるべくゆるめて通気する。
  • 吸汗・速乾素材の衣服なども活用する。

住まいの熱中症予防ポイント

  • 部屋の温度をこまめにチェックする。
  • ブラインドやすだれで日よけする。
  • 窓や壁を緑のカーテンで覆う。
  • 向き合う窓を開けて風通しを良くする 人気提案★ノースフェイス★WAVELENGTH PACK バッグパックグレー★ ブラシ ガンチニパターン男性長財布66-9412_DEEP NERO。
  • エアコンや扇風機を上手に利用する。
  • 打ち水やドライミストで気化熱を利用する。

水分補給の熱中症予防ポイント

  • 汗で失った水分や塩分を適切に補給する。
  • 喉が渇かなくても、喉が渇く前にこまめに水分補給をする。
  • 起床時や入浴の前後にも水分補給をする。
  • 尿量がいつもより少なくなったり、尿の色がいつもより濃くなったら注意する。
  • 空調装置使用時は水分損失が多くなるので注意する。
  • アルコールは利尿作用で脱水症状が進行するので注意する。

体調管理の熱中症予防ポイント

  • 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを心がける。
  • 睡眠不足、下痢、熱がある、風邪気味などのときは特に注意する。
  • 基礎疾患(高血圧、心疾患、慢性肺疾患、肝臓病、腎臓病、内分泌疾患)がある方は特に注意する。
  • 子どもは、地面の照り返しにより、高い温度さらされたり、汗腺など体温調節機能が未熟なため特に注意する。
  • 高齢者は、体温調節機能が低下してくるため暑さを感じにくく、自覚がないのに熱中症になる危険があるので特に注意する。
参考:環境省 熱中症情報・熱中症環境保健マニュアル(http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html)

おすすめ商品情報

{yahoojp} {ec.jmaruhei.jp} myp01-gui-3996