あったか裏ファーシリーズ。裏起毛 フレア マキシワンピース/ワンピ ワンピース 裏ファー 着る毛布 レディース マキシ丈 フレア ロング ひざ丈 スカート シンプルな中に光デザイン。ねじりディテールゆったりTシャツ/レディース

あったか裏ファーシリーズ。裏起毛 フレア マキシワンピース/ワンピ ワンピース 裏ファー 着る毛布 レディース マキシ丈 フレア ロング直営店本物!

STiとはSubaru Technica International の略で、スポーツモデルの開発を担い、またそれを冠するモデルはSTiシリーズということで特別仕様車としてこれまでも販売されてきました。

かつてはインプレッサWRXのラリーチューンモデルとしてのWRX STiが有名でしたが、逆にそのイメージが強すぎたせいか、多くのファンはSTiは「一般の人が乗るには乗りにくいモデル」との印象があるのも事実です。

Google画像検索でSTIと入れるとインプレッサの画像ばかり。

インプレッサ以外のSTiといえば、レガシィ、フォレスターなどにもかつては冠されたことはありますが、ほぼオールタームで販売されていたWRX STiとは異なり、各モデルの特別仕様車的な扱いでしたのでユーザー側からすれば発売周期やモデル推移も全く予想できない車種となります。

ファンとしても正直STiには乗ってみたいが「乗りたい車のSTiが今買えるか?」という意味では殆どの場合制約があったと行っても過言では無いでしょう。

さて、とは言えSTiシリーズは過去にも発売時の売れ行きは好調でした。その理由としては走行性能のチューンナップだけでは無く内装にもコダワリや独特のデザインを施していたことから、やはりスバリストとしては「一度は乗りたい称号」と言えることと思います。車市場でもSTiの冠が付いたモデルは高値で取引されています。

かつてのレガシィやフォレスターのSTi。やはりインプレッサより印象が薄い

そして今回人気車種のレヴォーグにもついにSTiバージョンが登場することになりました!

レヴォーグといえば、昨今の価格comにおいては人気ランキングのトップを占めている車種で有り、新車・車を問わず多くのファンを引きつけていることは言うまでもありません。

価格.comの人気ランキングでは常に上位。 (2016年6月時点)

レヴォーグSTiのティザーサイトがオープン

レヴォーグSTiは既に発表されており、現在はティザーサイト(発売前のチラ見せ)が用意されています。
http://www.subaru.jp/levorg/stisport/

ティザーサイトにしては充分な情報量(^^;)

うーん、これだけ見て「事前予約」というのも厳しい気がしますが。。

エンジンには「1.6L 直噴ターボ」と「2.0L 直噴ターボ」の2系統が用意されています。

注目のスペックには

  • 18インチアルミホイール
  • ビルシュタインサスペンション
  • 専用LEDフロントフォグランプ
  • その他専用のパワステ、内装、バンパー

といった装備の特徴が書かれています。

残念ながら現段階でこの情報だけでは諸元の詳細はわかりませんし、実際の動力性能も推し量ることは出来なさそうです。

しかしながら本ティザーサイトに掲載されている動画を見ると、そのチューニングの内容が開発者の声と共に明らかになります。

プロジェクトのGMを務める熊谷氏のインタビューからはその乗り心地やチューニングについてかなりのイメージが伝わってきます。

https://www.youtube.com/watch?v=lhkdSf4-DL8あったか裏ファーシリーズ。裏起毛 フレア マキシワンピース/ワンピ ワンピース 裏ファー 着る毛布 レディース マキシ丈 フレア ロング直営店本物!

スバリスト向け社内プレート販売中!

動的質感と乗り心地の両立

最も重要なのはこの「動的質感と乗り心地の両立」という言葉でしょうか 上等なあったか裏ファーシリーズ。裏起毛 フレア マキシワンピース/ワンピ ワンピース 裏ファー 着る毛布 レディース マキシ丈 フレア ロング ひざ丈 スカート シンプルな中に光デザイン。ねじりディテールゆったりTシャツ/レディース。。

動的質感というのは今のスバルが乗り味を決める上で非常に重視しているキーワードで、うちの松崎くんがブログでも以前に書いています。

スバルの動的質感がどうにも分かりにくいので解説する[レヴォーグ x STi]

この動的質感のとらえ方は言葉の面では少し難しいですが、スバルの主張を簡単に言うと、レスポンスの質感と言えるのではないかと思います。

自動車がその体感の殆どを動作中(走る・曲がる・止まる)の性能に依存するとすれば、動作中に起きる挙動や路面状況の把握、ドライビングにおける入力行為と出力(レスポンス)の関係がドライバーの意図した通りになり、しなやかに、ダイレクトに、そしてフィーリングよく伝わるというのが大切であると感じます。

 

ドライビングの入出力が機敏になるためにはボディを始めとした各種のパーツ剛性が高くなければ実現できません。しかしながらその剛性が高すぎると今度は路面の凹凸や挙動の変化をダイレクトに拾いすぎて乗り心地を犠牲にしてしまうという二律相反があります。

メーカーはこのような質感と安全性・快適性を両立するために試行錯誤をしていると行っても良いでしょう。

ところで今回のレヴォーグSTiにおいてその動的質感はどのように表現されているのか?そのヒントの1つはビルシュタインサスペンションにあるのではないかと考えます。

ビルシュタインはドイツのサスペンションパーツメーカーで、世界中の自動車に搭載されているサスペンションパーツの最高峰です。これまでのスバルの車種でもいくつものビルシュタインサスペンションが搭載されてきました。

このビルシュタインサスペンションは高価ですがハードな走りでもしっかり路面荷重を吸収し、走りの質感と乗り心地を両立させるものです。

開発チーフの熊谷氏によれば、「予想以上にマイルドなセッティング」とのこと。STIは今回このビルシュタインサスペンションを搭載しつつ、乗用車としての実用性を損なわない快適性を追求しているようです。

STiというハードな印象を持つテクノロジラインナップを現在の国内スバルの旗艦車種であるレヴォーグに冠することで今一度STi、レヴォーグ、そしてスバルの動的質感をユーザーに余すところなく伝え、ブランド価値向上を狙っていることが見えますね。

さて、ここまで読んだあなたは充分にレヴォーグSTiが気になって仕方ない人ですから、今からすぐにスバルのお店で予約しちゃいましょう!(笑)

燃費を気にしているようでしたらぜひこちらの商品もご検討下さい。

スバル車の燃費が3割アップ。新世代オイル添加剤マイルセーバー